2014年12月27日

茅ヶ崎駅のホーム発車メロディー「希望の轍」に思う

先日、神戸から帰宅した嫁さんと話していて
ふっと出た茅ヶ崎駅の発車メロディーが変わったという話。

茅ヶ崎市民の悲願!というニュースが流れていたので、
変更は本当に大変だったんでしょうね。

サザンオールスターズの「希望の轍」になっているのは、
電車移動をしている時に気がついてましたが、
公共性の高い地域の「音」というのは変更が大変そうなイメージです。

ここの地域だけなのか、そうでないのか、
それはわかりませんが「夕方の愛の鐘」は
地元感も何もないですし寂しいなぁなんて思っております。

それでも駅にいくと感じるようになったのは発車メロディーの影響なのかも。
平塚駅の発車メロディーが七夕になって
東京からから平塚駅に帰ってきたとき
「ああ、平塚だなぁ」と、感じれる。

茅ヶ崎も藤沢も鎌倉も独自のカラーを打ち出していきながら、
湘南地域で「七夕の街」のイメージで強く打ち出していける平塚。

街の中に響く音からも一年中・七夕を感じられるような湘南シティになるといいですね。

湘南での一枚
タグ:湘南
posted by SMC at 2014年12月27日00:00 すぎさきともかず | 更新情報をチェックする| このブログの読者になる | edit | ページの先頭に戻る
TOP > すぎさきともかず > 茅ヶ崎駅のホーム発車メロディー「希望の轍」に思う

 NEW Entry
 Tag Cloud